Pitch smart? 次世代のメジャーリーガーを守る為のガイドライン。 

elbow and shoulder

野球選手、特に投手にとって肘や肩の故障は選手生命を脅かします。

多くの日本人メジャーリーガーがそれらの故障に苦しんできましたが、それは一概にむこうのプレー環境だけが原因ではありません。

野球選手に限らずスポーツに関わる怪我の大きな要因の1つが「過去の怪我」です。
人間の身体がダメージから回復する過程で、元の筋肉、靭帯、軟骨などの組織にまじって瘢痕組織というものが出来ます。それは死んだ細胞の代わりに他の細胞同士を繋ぐ役割を果たしますが、瘢痕組織が混じった部位は負荷に対してもとの組織よりももろくなります。そのことがいわゆる、「怪我が癖になる」要因の一つになります。

そこでまず大事なのは大小関係なく、故障の予防ということになります。競技不能になるような大きい故障でなくても、痛みがほとんどないようなものにも注意が必要です。特に子どもは骨も靭帯も筋肉も成熟しておらず故障し安い事から、本人だけでなく、保護者や監督者が変化に気付いてあげることが大きな故障の予防になります。

前述の通りメジャーでは肘や肩の故障が多く、松坂大輔選手、藤川球児投手、ダルビッシュ有選手など錚々たるメンツが肘の故障からトミー・ジョン手術(損傷した肘の靭帯を切除し、身体の他の部位から靭帯や腱を移植する手術)を受けています。損傷の原因として、投球フォームの問題、球種による影響、登板間隔の問題などもあげられていますが、やはり重要な問題として若年時からのダメージの蓄積があります。このことは以前から問題にされてきましたが、2014年にはMLBと米国野球連盟が18歳以下のアマチュア投手を対象にした故障防止のためのガイドライン「ピッチ・スマート(PITCH SMART)」を発表しました。このガイドラインに沿うことにより若年時からのダメージの蓄積を減らし、長期間高いパフォーマンスを発揮することにつながるのではないかと思います。

以下が年齢別の投球数毎の休息期間をまとめたものになります。

pitch smart

日本の高校野球でこのガイドラインに完全に沿うのは正直難しいかもしれませんが。
チームの戦力と選手の将来。指導者の方はジレンマを感じながらも、バランスを考えこのガイドラインを参考に判断していただければと思います。

 

参考:MLB Pitch smart

関連記事

  1. 座り過ぎは第二の喫煙?

  2. 女性アスリート三主徴症候群?

  3. ウェルネストーク ~発達障害について考える~

  4. 【高知】子どもの姿勢 三つ子の魂

  5. ケガに泣かないための機能的動作スクリーン(FMS)導入

  6. 発達障害という言葉で消耗しないように

東広島
東広島
08:10 06 Jun 23
アメリカでカイロプラクティック専門の大学を修了し現在高知県で治療して居られます。四国ではアメリカでカイロプ... ラクティック専門の大学を修了院長は一人の様です。read more
伊達祐樹
伊達祐樹
12:45 31 Mar 21
人柄の表れたら優しい施術東京でもカイロを利用しており。出張で高知に来たので初めて利用しましたが。戸建... ての1階を改装したクリニックですが、とても清潔感もありクリーンな医院でした。施術前にカウンセリングを受け、施術開始。整体のように力強くボキッと強制されるようなイメージがありますが、先生は人柄も優しく、歯医者さんのような丁寧で優しい施術でした。自分は偏頭痛持ちでしたが、カイロで頭痛の頻度も減り改善されました。高知出張の際はまた利用したいと思います。read more
徳弘博国
徳弘博国
04:12 05 Mar 20
適切に見立て、根拠に基づいてわかりやすく説明してくださり、丁寧に施術してくれます。
里本裕規
里本裕規
07:57 28 May 19
施術だけでなく、普段の生活指導も包括的に行っていただき、すごく助かっています。かなり状態も良くなってきま... した。read more
楠本あゆみ
楠本あゆみ
06:23 01 Nov 18
首のしんどさと右肩の痛みがあり、カイロプラクティックは初めてで不安はありましたが、とにかく痛みから逃れたい思... いで受診しました。提携の病院で全身のレントゲン撮ってきてから一緒に見ながら状態の説明も詳しくしてくれてからの施術なので安心できました。施術以外にも自宅でのストレッチや日常気を付ける点とか、気になる事も相談するといつも丁寧に説明してくれるので不安も軽減でき有難い存在です。何よりも今は痛みが落ち着いてるのが嬉しいです。今後もご指導よろしくお願いします。read more
See All Reviews
js_loader
最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP