スマホの健康リスク

もはや国民のほとんどがスマホを使っているのに加え、今後は文部科学省のGIGAスクール構想で児童一人に1台タブレット端末が与えられ、教科書もデジタル化されるようです。デジタル化が加速していく中で、これからの社会を担う子どもたち全員に学びの機会を提供するという思想のもとでそのような流れとなっています。

その流れ自体はもはや止められるものではないですし、当たり前のものとして浸透していくと思われます。しかし、スマホやタブレットの使用が常態化してしまうことによる負の側面もあります。

複数の研究結果を取りまとめたシステマティックレビューと呼ばれるリサーチで、スマホ利用による姿勢の悪化から頸部、肩部の筋疾患が引き起こされている可能性が高いことが示唆されています(1)。これは日々、オーツリーカイロプラクティックにいらっしゃる方の多くに共通している問題でもあり、この姿勢の改善抜きに根本的な問題解消は起こりません。今後のデジタル化の流れに乗るうえで、そういった問題の予防にも目を向けていただくことがとても重要です。

引用
(1) Aitthanatt Chachris Eitivipart,  Sirinya Viriyarojanakul, and Lucy Redhead. Musculoskeletal disorder and pain associated with smartphone use: A systematic review of biomechanical evidence. Hong Kong Physiotherapy Journal;2018

関連記事

  1. 脳の可塑性(かそせい)による可能性 大人の脳だって成長・発達…

  2. ビタミンD摂取でインフルエンザや新型コロナウイルスの感染や重…

  3. 【高知】骨盤矯正?身体の土台を整える。

  4. 90歳現役を目指す為のアクティブケアとパッシブケア

  5. 「痛み」の不思議

  6. 生活習慣改善による脳の健全化抜きに慢性痛の解消は起こらない

PAGE TOP