身体の悩みで最も多いものの一つである「腰痛」。

しかし、一言で「腰痛」といっても局所的なものから、脚に痛みや痺れが走るタイプ、鈍い痛みや、鋭い痛み、様々なものがあります。

痛みの原因も「脊柱起立筋」や「腰方形筋」を始めとする筋原性のものから、椎間板ヘルニアや、椎弓の骨折の可能性もありえます。

いずれの問題であっても初回の検査で原因をある程度特定し、その原因となる問題が改善するようカイロプラクティックのケアを含むパッシブケアと、おうちでできるトレーニングや身体の使い方の実践であるアクティブケアにより問題の悪化を防ぎ、身体がその問題を治癒するのを促します。(アクティブケアとパッシブケアについて
問題の程度やその方の年齢、ライフスタイルによって改善のスピードは異なってきますが、一般的に問題が長ければ、改善にも時間がかかります。

現代社会において腰痛で悩んでいる人がほんとに多いことから、腰痛は普通なことだと思う方も多いです。確かに普通(一般的)かもしれませんが、身体にとっての普通(正常)ではありません。慢性的に悩まれている方、ほっといてもこの先良くなることはありません。ケアを受けるのが早い段階であれば改善に掛かる時間は短く、改善の程度も大きいです。今忙しいからとほったらかしにするのではなく、早めに手を打つ事をオススメします。