整体

腰が痛い、肩が凝る、身体の歪みが気になる。「整体でも行って来ようかな〜」と考えている方。

「体」を「整」えると書いて「整体」ですが、

実際、整体がどのようなものか良くわからないって人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は

  • 整体って何?
  • 何を基準にして決めればいいの?
  • カイロプラクティックとは違うの?

といったこと疑問を中心にお答えできればと思います。

整体があるのは日本だけ

整体というと「手技によって身体の歪みだったりを整える」「腰痛、肩こりに効果がある」といったイメージを持ってるかもしれません。

そして当然ながら専門の教育を受けていると思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

なぜなら、

整体と看板を掲げて営業するのに資格も許可も必要ないからです。

日本において医者は当然ながら、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士などなど、医療従事者は一定の教育基準を満たした上で国家試験に合格しなくてはいけません。

その他にも患者の身体を扱う、鍼灸師や柔道整復師、マッサージ師だって専門の教育を受けた上で、国家資格を持った人でないとそれらを名乗ることはできません。

しかし、日本においては、それらの国家資格を持たなくても人の身体を触ることができているのが現状で、

そういった国家資格を持たない、無資格療法士の総称を整体師と呼びます。

海外のほとんどの先進国では整体師が行っているようなことをする為には何かしらの国家資格が必要で

カイロプラクティック、オステオパシー、理学療法、中国医療はそれぞれ国によって定められた教育基準があります。

理学療法や中国医療の中の鍼灸に関しては前述の通り日本でも国家資格がありますが、

カイロプラクティックやオステオパシーは日本で国家資格がないので、誰でも自由に名乗れる状態にあります。

それらに独自の手技療法なんかも加わり、何がなんだかよくわからないものになっているのが日本の「整体」です。

カイロプラクティックの教育

ぼくはカイロプラクターなので、カイロの教育事情について。

カイロプラクティックは1895年にD.D.パーマーが始め、サブラクセーション(背骨の機能不全)を取り除くことを目的とし、それによって身体の能力向上を図るというものです。国により法律の違いこそありますが、WHOの認定機関による国際的な教育基準が存在します。(最低4200時間、うち臨床1000時間)

アメリカでは専門の大学に入る前の一般教養科目の取得期間を含めると6年以上の教育を受け、4つの国家試験と州試験に合格して初めてカイロプラクターとして働くことができます。(詳しくはこちら

現在日本でWHOの基準を満たしているのは東京にある1校のみで、高知県でもチラホラ、カイロプラクティックを教えている人を見かけますが、正式な「学校」はありません。

現状の危険性

では、こういった現状で問題がないのかというと、

実際に全国で多くの被害が報告されています。

“肩こり解消”で思わぬ被害!?~癒やしブームの陰で何が~ 

人の身体を触る上で、基本的な医学的知識(解剖学や生理学など)がないことは正直言って異常です。

ぼくのところに来られた方でも他のカイロプラクター(整体師?)から施術を受け、身体を壊されたという話を聞く事があります。高知県でも整体やカイロプラクティックの看板を掲げているところは数多くありますが、十分な教育を受けている人、腕のいい人に当たる確率は結構低いかもしれません。

施術を受ける際は慎重に決めて頂ければと思います。

良し悪しの基準

教育

学位を持っていないカイロプラクターや整体師の方でも腕の良い方はもちろんいますし、学位を持っているからといって必ずしも腕がよい訳ではありませんが、選ぶ上での一つの重要な判断基準にはなります。

日本にいるカイロプラクターは教育基準を元に3つのカテゴリーに分けられます。

  1. アメリカでDoctor of Chiropractic学位を取得したもの 100人程度
  2. 海外の大学の日本校など、WHOの教育基準を満たしているもの 500人程度
  3. その他大勢 数万人

基本的には、ウェブサイトなんかで確認すればわかることですが、たまに学歴を詐称している方も見受けられるので注意が必要です。

それと、よく「○○カイロプラクティック協会」だったり、「○○整体学会」所属って大きく載せているところがありますが、基本的に何の保証にもなりません。任意団体なので誰でも作れるし、何の基準もありません。

口コミや評判

やっぱり身近な人の評価はある程度信頼できるし、紹介からだったら安心して行けますよね。

最近はあらゆる商品やサービスのレビュー、口コミがネットで探せば見つかりますが、カイロプラクティックや整体のポータルサイトにも載っているので参考にしてもいいかもしれません。

ただウェブサイトに掲載されている経験談やネットの口コミはどうとでもできるところもあるので、やはり身近な人からの評価の方が信頼度は高いと言えます。

実際に会う

上の二つのことなんかを基に、どこに行こうか決めたら、あとは実際に話をきいて、納得した上で掛かるかどうか決めて下さい。

どんな整体やカイロプラクティックでも個々人によって合う合わないはあるので、何回か掛かった上で合わないと思えばやめたら良いと思います。

その際何か気になることがあれば、質問して頂けると、こちらとしてもありがたいですが(笑)

カイロプラクティック ≈ 整体?

「体を整える」という意味ではカイロプラクティックの持つ哲学と通じるものがあると思います。

しかし、身体を整える為には、ただ単に身体の関節を鳴らせば良い訳ではありません。

背骨だけでも24個小さい骨が繋がっていて、その中のどの関節をどのようにアジャスト(調整)するかということは解剖学や生理学の知識、分析システム、そして経験に裏打ちされます。

筋骨格系、神経系の機能を高め、より健やかなライフスタイルの改善の提案ということを「Science(科学)」「Art(繊細な技術)」「Philosophy(哲学)」を持って行うのがカイロプラクターだということをちょこっとでも頭の隅に留めて頂ければ幸いです。